出産で退職…でも子育てしながら働きたいママにおすすめの働き方

※※当ブログのリンクにはプロモーションが含まれています

出産後に働き続けることを希望するママたちへ向けた記事を書きました。

子育てと仕事、二つの大切な役割を両立しながら、あなた自身のキャリアを築き上げていく方法についてお話しします。

いわゆる”ワーママ”として働き続けるためには、何が必要なのでしょうか。

子育てと仕事を両立するためのポイント

仕事と子育ての両立は決して容易ではありませんが、少しでもスムーズに進めるためには、以下の3つのポイントが考えられます。

1つ目は、「時間管理術」の確立です。

子供との時間、仕事の時間、自分自身の時間等、すべての時間を上手くコントロールしていくことが大切です。例えば、子供が寝ている時間を使って仕事をする、自分自身の趣味の時間を確保するなど、具体的な時間の使い方をあらかじめ計画することが大切です。

2つ目は、「小1の壁」を乗り越えるための準備です。

子供が小学生に上がると生活リズムが大きく変わるため、新たな予定や時間調整が必要になります。ひとりで抱え込むのではなく、夫や周りの人々に協力を仰ぐことも大切な行為です。

最後に、「自己の健康管理」です。

ママが最も大切なのは、自身の健康です。身体が元気でなければ、子育ても仕事もままなりません。適度な運動や十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。

働き方選びの視点

次に、働き方を選ぶ際の視点について見ていきましょう。子育てをしながら働く場合、一般的なフルタイムの仕事は難しいことが多いです。そのため、以下のような視点から働き方を選ぶと良いでしょう。

まず、「自分のライフスタイル」に合った働き方を選ぶことが大切です。

例えば、子供が学校に行っている間だけ働きたい、夜間に働きたい、自宅で働きたいなど、様々な働き方があります。どの働き方が自分自身や家族にとって最適かを見極めることが重要です。

2つ目は、「能力やスキル」を活かせる仕事を選ぶことです。

過去に培ったスキルや経験を活かせる仕事であれば、より効率的に働くことが可能です。また、新たなスキルを習得することに興味があるなら、それを目指すのもひとつです。

そして最後に、「成長可能性」のある仕事を選ぶことです。

長期的に見て、自分自身の成長につながる仕事を選ぶことで、仕事のモチベーションを保つことができます。

おすすめのお仕事1:在宅ワーク

近年、在宅ワークは大きく注目されるようになりました。その理由は、場所を選ばず、子供がいる間も働き続けることが可能だからです。

在宅ワークとは、自宅などで仕事を行う形態のことを指します。インターネット環境が整っていれば仕事ができるため、子育てと両立しやすい働き方として、ワーママにとって非常に魅力的です。

在宅ワークのメリット

在宅ワークには、数多くのメリットがあります。

まずは、いつでもどこでも働けることが大きな特徴です。

自宅であれば子供の様子を見ながら仕事ができますし、仕事場所を自由に選べるので、子供の習い事の合間や待ち時間など、さまざまなシチュエーションで働くことが可能です。これは、子育て中のママにとって非常に大きなメリットとなります。

次に、通勤時間が不要であることも大きなメリットの一つです。

通勤に時間を取られることなく、その分を仕事や家庭に費やすことができます。これにより、効率的な時間の使い方が可能となります。

あんな

急なお迎えや学校行事の対応もしやすくなりますね。

また、自分自身のペースで働けることも魅力です。

休憩時間や作業時間を自己管理できるため、自分のリズムで仕事を進められます。これは、自分自身の心地よい作業環境を作り出すことができ、ストレスを軽減するとともに、作業効率も向上させることが可能になります。

在宅ワークのデメリット

一方、在宅ワークにもデメリットが存在します。

一つ目は、仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすいことです。

在宅ワークは自宅で行うため、仕事場とプライベートの場が同じ空間になります。その結果、仕事が終わらない、仕事と家事の切り替えが難しいと感じることがあります。この問題を解決するためには、自宅内で仕事スペースを設ける、仕事時間を明確に決めるなどすることが必要です。

二つ目は、自己管理が求められることです。

在宅ワークは自分自身でスケジュール管理を行うため、自己管理能力が問われます。作業の進捗管理や期限管理を自己管理できるようになることが求められます。

最後に、孤独感を感じやすいという点です。

一人で仕事を行うため、人とのコミュニケーションが少なく、孤独感を感じることがあります。これを解消するためには、仕事以外でのコミュニケーションを意識的に取ることが大切です。

あんな

テレワーク鬱という言葉があるように、在宅ワークは向き不向きがはっきりと分かれそうですね。

オススメの在宅ワーク業種

在宅ワークとしてオススメな仕事はたくさんありますが、今回は特に人気のある3つを紹介します。

一つ目は、ライティングや翻訳です。

これらはパソコン一台あればどこでもできる仕事で、スキル次第で高収入を得ることも可能です。また、自分の得意分野や興味のある分野を選んで仕事をできるのもメリットです。

二つ目は、データ入力やアンケート回答などのシンプルな仕事です。

特別な技術や知識が必要ないため、すぐに始められます。時には子供が寝静まった夜間にコツコツと作業することも可能です。

最後に、在宅でのコールセンターの仕事もおすすめです。

最近はコロナ禍を経てオフィスを持たず、受電を外注化する企業が増えてきています。需要が増えているにも関わらず、最近は電話に出ることに抵抗がある人が多く、供給が追い付いていないお仕事です。

電話に抵抗がない方であればすぐに始められ、稼げる仕事です。

電話に抵抗がない方はコールセンターの在宅ワークが特におすすめ!

コールシェアは、家で出来るコールセンターの仕事です。

完全在宅で、好きな時間に仕事をすることが出来るのが特徴。扶養内で働くのも、扶養を外れてガンガン稼ぐのもどちらも可能。コールシェアで働いている方の6人に1人が月収10万円以上稼いでいます。

登録費用などは必要なく、研修を受けることですぐに始められます。最近は電話をすることが苦手な人が増えているので、電話をかけることに抵抗がない方には始めやすい&定期的に稼ぎやすいお仕事です。

今すぐ無料登録する

おすすめのお仕事2:パート

次に、時間に余裕があるママにはパートがおすすめです。

パートクは、一定の時間だけ働くことができ、自分の予定に合わせやすいため、子育てとの両立が可能です。

パートのメリット

パートの最大のメリットは、日中の自由な時間を活用できることです。子供が学校に行っている間だけ働く、といった方法が考えられます。

また、パートは、一日の中で働く時間が短いので、体力的な負担も少ないというメリットがあります。全体の時間を自分でコントロールできることから、仕事が終わった後には自分自身の時間を大切にすることも可能です

さらに、社会とのつながりを持つこともできます。人々とのコミュニケーションを取ることで、自分自身の成長や学び、そして楽しみが増えるでしょう。

パートのデメリット

しかし、パートにもデメリットが存在します。

一つ目は、一定の時間働かなければいけないことです。決まった時間帯に働く必要があるため、その時間に子供の急な用事が入った場合、対応するのが難しい場合があります。完全に自分の時間をコントロールすることが難しいと感じる方にとっては、負担になるかもしれません。

また、収入が安定しないというデメリットもあります。働く時間が少ないため、給料もそれに比例します。フルタイムに比べて収入が少ないと感じるかもしれません。

オススメのパート業種

パート場合、求人も多く、自分に合った仕事を選ぶことができます。

一つ目は、小売業です。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、昼間にパートタイム勤務できるスタッフを求めています。接客が好きな方にはおすすめです。

二つ目は、教育関連の仕事です。

学童保育や幼稚園、塾などでのアシスタント業務などがあります。子供が好きな方、教育に興味がある方にはぴったりです。また、資格が活きる仕事も多いので、これまでのスキルを活かすことが可能です。

最後に、医療や福祉関連の仕事もおすすめです。

クリニックの受付や介護施設でのサポートスタッフなど、パートタイムで働ける求人も多いです。人の役に立つ仕事を求めている方には、こうした仕事が適しています。

おすすめのお仕事3:フレキシブルな時間が利用できる仕事

第三の働き方としてフレキシブルな時間を活用できる仕事をご紹介します。

これは時間や場所に縛られず、自分の都合に合わせて働ける仕事のことを指します。子育て中のママには特にオススメの働き方です。

フレキシブルワークのメリット

フレキシブルワークの最大のメリットは自由度の高さです。時間や場所に縛られず働くことができるため、自身の予定に合わせやすいという利点があります。

また、仕事と生活を上手く両立することが可能です。子供の急な用事にも対応でき、自分自身の時間も確保しやすいでしょう。

さらに、個々の仕事の完了に応じて報酬を得ることができるため、自己のペースで仕事を進められます。これにより、自分自身の働きやすい環境を追求できる可能性があります。

フレキシブルワークのデメリット

しかし、フレキシブルワークにもデメリットがあります。

一つ目は、一人で多くのことを管理しなければならないという点です。自分の仕事を進める上で、時間管理やスケジュール管理、自己成果の評価など、すべて自己管理が必要となります。これにより、ストレスや負担を感じる可能性もあります。

二つ目は、仕事量や収入の不安定さです。場合によっては、仕事量が一定でないため、収入にバラつきが出ることもあります。そのため、経済的な安定感を求める方には不向きかもしれません。

オススメのフレキシブルワーク業種

フレキシブルワークのオススメ業種としては、自分自身の特技やスキルを活かした仕事が挙げられます。

一つ目は、WEBデザインやグラフィックデザインなどのクリエイティブな仕事です。

これらは、作業の場所や時間を選ばないため、自分のペースで仕事を進めることが可能です。また、個々の案件に対して報酬が支払われる形態が多いため、効率的に収入を得ることが可能です。

二つ目は、ライティングやブログ運営などの情報発信に関連する仕事です。

文章を書くことが好き、特定の分野に詳しいという方には、この種の仕事がおすすめです。自由な時間に活動でき、自己の知識や経験を活かすことも可能です。

最後に、個人事業主や自営業もおすすめです。

自分自身の得意なことや好きなことをビジネスとして展開することで、フレキシブルな働き方を実現することができます。エステティシャン、料理教室の開講、ヨガインストラクターなど、様々な業種があります。

子育て中のママたちへ、新たな働き方、見つけよう!

子育てと並行して働くことは決して簡単なことではありません。しかし、自分に合った働き方を見つけることで、その困難さを少しでも軽減することは可能です。

在宅ワーク、パートタイムワーク、フレキシブルな時間が利用できる仕事、フリーランス。これらの働き方の中には、必ずあなたにピッタリなものが見つかるはずです。

あんな

自分自身の能力やライフスタイル、家族の事情を考慮しながら、最適な働き方を選んでみてはいかがでしょうか。

子育てという大切な役割をこなしながら、自分自身のキャリアを築き上げていくことは、決して不可能ではありません。

子育て中のママたちへ、新たな働き方を見つける勇気と機会を、この記事が提供できたら幸いです。

フルリモートワークがしたいママにおすすめの求人サイト

リアルミーキャリア【時短正社員】

リアルミーキャリアは「育児をしながら働くママ・パパを支援する人材紹介サービス」と謳っているように、時短勤務や小さな子を持つママでも転職が可能な求人に特化して取り扱いをしています。

担当アドバイザーと面談をし、希望や経歴、今後のキャリア形成に合った求人を紹介してくれるため、ミスマッチが起きにくいのがメリットです。履歴書や職務経歴書などの作成を始め、転職に関わる悩み事にも相談に乗ってくれるので、初めて転職するママでも安心できるサービスと言えます。

自分で求人を探すタイプの転職サイトではないこと、紹介している求人が地域限定(東京23区周辺)でそれほど数が多くないことがデメリットとして挙げられますが、東京近辺でどうしても時短勤務をしたい!といったママにはピッタリです。

フジ子さん【契約社員/業務委託】

フジ子さんはオンラインアシスタントの求人サイト。「フジ子さんに採用してもらい」、他の会社の業務を引き受ける、という形態。自分とお仕事をする会社の間にフジ子さんが仲介するというのが大きな特徴です。

周囲のフォローが常にある点、仕事コンスタントにもらえる、契約社員等として採用してもらえることがあるのが大きなメリット。

コールシェア【家で出来るコールセンターの仕事】

コールシェアは、家で出来るコールセンターの仕事です。

完全在宅で、好きな時間に仕事をすることが出来るのが特徴。扶養内で働くのも、扶養を外れてガンガン稼ぐのもどちらも可能。コールシェアで働いている方の6人に1人が月収10万円以上稼いでいます。

登録費用などは必要なく、研修を受けることですぐに始められます。最近は電話をすることが苦手な人が増えているので、電話をかけることに抵抗がない方には始めやすい&定期的に稼ぎやすいお仕事です。