妊娠・出産・育児関連

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説
ママ
ママ
そろそろ子供がほしいけど、育休や産休はとれるのかな?
ママ
ママ
手当はもらえるのかな?自分が対象か知りたい。

初めての妊娠・出産・育児って、幸せだけど考えなければならないことも沢山ありますよね。

仕事やお金のことは特に心配だけど、国の制度は複雑でよく分からない。

そんなあなたに向けて、この記事では

・産休と育休をとれる条件
・もらえる手当

について易しくまとめました。

妊娠中のママはもちろん、これから結婚や妊娠を考えている場合はぜひ参考にしてくださいね!

\一生使えるお金の知識を無料で学ぶ/
【SHEmoney】

産休をとれる条件は特になし!誰でも取得可能

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

産休とは、産前産後休業のこと。

赤ちゃんを出産する予定日の6週間前~8週間後に取得することができます。

労働基準法で、産前6週間(女性が請求した場合に限る)及び産後8週間は就業させることが出来ないと定められています。

※双子以上の場合、産前は14週間前から取得できます。
※産後6週間を過ぎた後、産婦本人の希望&医師の許可があれば働くことは可能。

つまり、産休は法律で働いてはいけないと定められているということ。雇用期間などの条件はなく、事業主に請求をすることだけで取得が可能です。

逆を言えば、産前休業は妊婦さんの請求によって取得ができるため、希望すれば働き続けることも可能なんですよ。

産休は基本的に請求をするだけで取得が可能!

産休中にもらえるお金はいくら?

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

産休中にもらうことのできるお金は

・出産手当金
・出産育児金

の2種類あり、それぞれ対象者や条件が異なります。

あんな
あんな
それぞれ詳しく解説していきますね!

出産手当金

出産手当金は、産前産後の働けない期間の所得を保障するのが目的。

ママ自身が、勤めている会社で健康保険に加入している場合に支給されます。

家族の扶養に入っていたり、国民健康保険に加入している場合は対象外となります!

上で説明した産前産後休業期間中、会社を休んで給与の支払いがなかった期間を対象に受け取ることができますよ。

もらえる金額は、

標準報酬日額×3分の2×休業した日数分

で計算されます。

例えば、標準報酬日額が1万円、休業した日数が90日の場合…

1万円×3分の2×90日=60万円

約3か月の休業で、60万円を受け取ることができます。

出産一時金

出産費用をカバーしてくれるのが出産一時金です。

出産にかかる費用って、高額なのに保険適用外なので困るんですよね。

けれど、健康保険に加入、または家族の扶養に入っていれば、出産にかかる費用は「出産一時金」として支給されます。

あんな
あんな
国民健康保険では自治体によって異なりますがほとんどの自治体でもらえるはずです。

もらえる金額は…

一律42万円

です。

※なお、産科医療補償制度に加入していない病院では40万4千円(2022年1月以降は40万8千円)となります。

産科医療補償制度について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

産科医療補償制度とは?

育休を取れる人は?

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

育児休業を取るには、以下の条件を満たす必要があります。

・同一事業主に引き続き1年以上雇用されている※産休期間を含む
・子どもが1歳6カ月に達するまでに労働契約が満了しないことが明らかである

簡単に言うと…1年以上同じ会社で働いていて、かつ子が1歳6カ月になった後もその会社で働き続ける見込みがあれば育休を取ることができます!

※なお、労使協定で定めがある場合、以下の条件を満たすと育休を取ることができませんので、注意が必要です。

・雇用された期間が1年未満
・1年以内に雇用関係が終了する(1歳以降の休業の場合は、6カ月)
・週の所定労働日数が2日以下

育休中にもらえるお金は?

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

育休中にもらえるお金は、「育児休業給付金」があります。

育児休業給付金を受け取るための条件は次の通り。

雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者で1歳未満の子を養育している
休業開始前2年間に11日以上(または80時間以上)働いた月が12ヵ月以上ある

雇用関係の継続に必須な(職場復帰を前提としている)育児休業であること
育児休業期間中1カ月ごとに、休業開始前の1カ月あたりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと
支給単位期間ごとにおいて、就業している日数が10日(これを超える場合は就業している時間が80時間)以下であること

簡単にまとめると、「1年以上雇用保険の被保険者」であって、「復帰を前提とした育休」を取っていて、その「育休の間は収入が減っている」という条件を満たす必要があります。

そのため、

・就職・転職したばかり
・直近2年間で欠勤が多かった
・育休中も給料が満額支払われている

という場合は支給されない場合もありますよ。

ママ
ママ
よく、転職したばかりだともらえないって聞くけど…
あんな
あんな
そうなんです。でも、転職したばかりの方でももらえる可能性はありますよ!

最近転職したばかりという場合は、一定の要件を満たすことで前に勤務していた会社での被保険者期間を通算することができるため、育児休業給付金を受け取ることができる可能性があります。

対象となるかどうかは、お近くの公共職業安定所(ハローワーク)に問い合わせてみてくださいね!

育児休業給付金の金額は?

気になる育児休業給付金の額は、次のように計算されます。

・育休開始から180日目まで
休業開始時の賃金日額×支給日数×67%

・育休開始181日目~子どもの1歳の誕生日まで
休業開始時の賃金日額×支給日数×50%

保育園に入れないなどの条件を満たせば2歳の誕生日まで引き続いて受給することができます。

計算の基になる休業開始時の賃金日額は、育児休業開始前6か月間の総支給額を180で除した額となります。

計算例:
月給25万円のママが子どもが1歳になるまで受給した場合

休業開始時賃金日額
25万円×6か月÷180=8,333円

育休開始(産後8週間)から180日間
8,333円 × 180日 × 0.67 ≒ 1,005,000円

育休開始180日後から子ども1歳まで(120日間)
8,333円 × 120日 × 0.5 ≒ 500,000円


1,005,000円 + 500,000円 = 1,505,000円

ざっくりとした計算ですが、大体1年間で150万円が支給されます。

出産・育休でもらえる手当は貴重な収入源

産休・育休を取るための条件ともらえる額を徹底解説

育児はともかく、出産に関してはどうしても男性に代わってもらうことはできません。そう考えると、女性には絶対に働けない期間が存在します。

そんな働けない時に生活を保障してくれるのが社会保険制度なんです。

制度を理解して上手にお得に活用していくことで、自分自身のみならず、周囲の方の生活も守ることができます。

このブログでは複雑で分かりにくい社会保険を、できるだけ分かりやすく解説しています。

ぜひ別の記事も読んで理解を深めてみてくださいね。

\一生使えるお金の知識を無料で学ぶ/
【SHEmoney】